ベラジョンカジノのライセンスって何?オンラインカジノにライセンスが必要な理由

  • 2022年4月3日
  • 2022年4月10日
  • 危険性
  • 5view
  • ライセンスって何?
  • どうしてライセンスが必要か?
  • オンラインカジノは不正をしてないの?
…という疑問をお持ちの方
リコ
ふと疑問に思ったんだけど、ベラジョンカジノってどこの国で運営されてて誰が認可してるの?負けてむかつくから不幸の手紙送りたいんだけど!
佐々木翼つばさ
嫌がらせの仕方が平成初期!?気持ちはわからなくもないけど辞めておこうね。ちなみにライセンスとどこで運営してるかは公式サイトで確認する事も可能だから一緒に見てみようか!

…という事で今回は、ベラジョンカジノのライセンスについて解説していきます。

ベラジョンカジノが所持するライセンス

ベラジョンカジノはキュラソーライセンスというカジノライセンスを所持しています。キュラソーというのはオランダ領の小さな島国の名前です。詳細は後述しますがキュラソーライセンスの取得は厳しい審査が必要といわれており安全性の高いライセンスとなります。

ベラジョンカジノのライセンス

ベラジョンカジノのライセンスの確認方法

ライセンスはベラジョンカジノのゲーム画面以外であればどのページからでも確認する事が可能です。ページ最下部のボックス内にライセンスの記載があります。【Breckenridge Curacao B.V.】という会社が運営しておりライセンスは【#1668/JAZ】と記載があります。

ベラジョンカジノのライセンス確認方法

ベラジョンカジノの運営所在地

登録住所についても調べてみました。【39 Scharlooweg, Willemstad, Curaçao】で検索してみると所在地が出てきました。キュラソー島でもメインと思われる環状道路のすぐ近くで立地もよさそうな場所ですね!

ライセンスを変えた理由

ベラジョンカジノは2020年まではマルタライセンスという別のライセンスで運営していました。また、当時は会社名も Dumarca Gaming Ltd. という会社でしたが、ライセンスの変更のタイミングで現在のBreckenridge Curacao B.V.に変更されました。

リコ
どうしてライセンスを変更する必要があったの?
佐々木翼つばさ
公式のアナウンスは無いんだけど、ユーザーに向けてのサービス強化が目的って言われてるよ!マルタライセンスでは認可出来ない事を出来るようにする為だね!

実はマルタライセンスはキュラソーライセンスよりも取得が難しいと言われており、ベラジョンカジノはライセンスの質を落としたという事になります。

ライセンスを変更した一番大きな要因としては仮想通貨での入出金だと考えられます。他にもベット額の上限引き上げ・ライブカジノのテーブル数増加などユーザーにとってプラスの環境整備がされています。

ただキュラソーライセンスになってからも大きなトラブルがあったという事もありませんのでそれまで通り安全に使えています。

ライセンス変更後の更新箇所

ライセンスがある事で安心な理由

リコ
つーかさ、ネットで調べてると『ライセンスがあるから安心して遊べます』みたいな説明をしてるんだけど、何が安心か全くわからないんだけど?
佐々木翼つばさ
ライセンスを確認するのは安全面の一つの基準になるんだよ。申請したら誰でも発行してもらえるってものでもないからね!

カジノライセンスは日本の風俗営業許可証に近い物と認識してもらえばいいと思います。風俗営業許可を持っているパチンコ屋と、無許可営業の違法闇スロ店ではお金を賭ける事に対しての安全面・安心感が全然違いますよね。

ライセンス取得の為には審査が必要

オンラインカジノライセンスは国が発行しており、取得には厳しい審査が必要となります。審査の基準はライセンスごとで差があり明確にはされていないのですが、主に以下に記載している内容だと言われています。

  • 運営をするのに十分な資金を持っている
  • 運営者に充分な経営能力がある
  • ゲームの公正さを確保する仕組みがある
  • コンプライアンスを守る仕組みがある
  • 反社会勢力やマネーロンダリングに対しての仕組みがある

半年以上の時間をかけて審査が行われ、無事通過すればようやくライセンスを発行という流れになります。

主なカジノライセンス

ライセンスを発行している国は20ヶ国ほどあります。著者が国内でプレイしていて聞いたこと見たことのあるライセンスを紹介します。

  • キュラソー島
  • マルタ共和国
  • ジブラルタル
  • イギリス
  • マン島
  • アイスランド
  • カナワケ
  • フィリピン

EU諸国のライセンスは比較的審査も厳しいところが多い印象があります。上記以外にも南米やカリブ海の地域にも発行している国はありますが、国内ではほとんど見ることはありません。

ライセンスが必要とされる理由

リコ
ライセンスが大事なのはわかったんだけど、ライセンスって絶対に必要なの?
佐々木翼つばさ
ライセンスが必要な理由は大きく2つあるんだけど、ライセンスが無いと安全面の保障がない事、もう一つは運営の違法性が疑われるんだよ。ライセンスが無いカジノで遊ぶと知らずに犯罪につながる可能性もあるから気を付けないとだね!

ライセンスが無いとオンラインカジノは運営出来ない?

ライセンスが無いオンラインカジノは違法サイト扱いとなるので運営をしてはいけません。しかしノーライセンスで堂々と運営をしているカジノも存在します。トラブルに巻き込まれる可能性があるのでそのようなカジノでプレイをしないように気を付けましょう。

ライセンスにまつわるトラブル例

2021年の6月に歓楽聖域(カンラクチュアリー)というカジノが運営を開始しました。

1月あたりから出金キャンセルされる事が増え遂に出金がまったくされない状況に。

従業員がコロナに感染し出金業務が出来ないと公式よりアナウンスがありました。

最終的にこのサイトは1月末にSNSで引退宣言をしサイトも閉鎖をしましたが、中には出金されていないユーザーもいるそうです。

歓楽聖域SNS情報

2022年1月にPAGCORのライセンスを持ったカジノ(こちらはまだ運営しているので名前は伏せておきます)の運営が開始されました。

ユーザーがライセンス元のPAGCORに直接問合せをしてもサイト上に表記のライセンスでの登録は確認できないと返答がありました。

カジノ側にライセンス状況を明らかにするように求めても、現在確認中の一点張りで話は進まず現在も運営は続いています。

こちらのサイトでは大きなトラブルこそおきてはいませんが、オープンしてからも遊べるプロバイダが2社だけと少なく資金面や運営体制に不安要素が残ります。

共通している PAGCOR ライセンスがダメというわけではありませんが、サイト上を少し調べてみて詳細が不透明なカジノはトラブルに巻き込まれる可能性が高くなる傾向にあるので自衛の為にも気を付けた方がいいと個人的には思っています。

ライセンスがあるとイカサマはないのか?

リコ
公正なゲームって書いてたけど、この前ブラックジャックで 10 連敗もしたんだよね!これってイカサマじゃないの?
佐々木翼つばさ
それは運が悪かったね…。でも 10 連勝以上する事もあるし今回の 10 連敗もマイナスの事が印象に残りやすい心理的な物じゃないかな!オンラインカジノでのイカサマが難しい理由を説明していくね!

カジノ・ゲーミングプロバイダはイカサマをしてる?

カジノと同じようにゲーミングプロバイダもライセンスを取得出来ます。ゲームの公正さを保つ仕組みがないと取れないライセンスをプロバイダが取得するという事はゲームに対しての不正は行われていないという証明にもなります。噂ではライセンス側からの突然の抜き打ち監査のような事もあるそうです。

EVOLUTIONライセンス

ライブカジノ大手のEVOLUTION GAMINGですが取得が難しいと言われるマルタライセンスを取得しています。もしイカサマをしてるようであればこのライセンスは取得できません。

関連記事

スロットの設定が操作されていないか疑っている ライブカジノのカードに偏りがある気がする パーティーゲームのウィールとか機械制御されてるんじゃないの? リコ ベラジョンカジノってさ、ネットのゲーム[…]

ベラジョンカジノは不正してる?遠隔操作し放題なんじゃないの?

第三者機関ってなに?

オンラインカジノではライセンス以外にも公正さを保つための第三者機関が存在します。カジノの運営や支払いの正確さ・ゲームの公正さ・RNG(乱数発生装置)のテスト等の様々な内容でライセンスと同じように厳しい審査が行われます。

第三者機関ロゴ

主な第三者機関はeCOGRA、GLI、iTech Labsが有名です。過去1回で申請を通したカジノがないくらい厳しい審査をしている機関もあります。中にはカジノとユーザーのトラブルの仲裁をしてくれたりと安心してプレイできる環境を整えています。

関連記事

RNG(乱数発生機)って何? カジノはイカサマをしているんじゃないか? …という疑問をお持ちの方 リコ ベラジョンカジノってイカサマとかし放題なんじゃないの?スロットでもテーブルゲームでも何をやっ[…]

ベラジョンカジノのRNGとイカサマについて解説

カジノ側はイカサマをする理由がない

基本的にカジノのゲームはペイアウト率が 100 %未満のゲームしかないので、イカサマをしなくても儲けが出るようになっています。

カジノ側がイカサマをすると苦労して取得したライセンスや第三者機関の権利の剥奪など運営が出来なくなり、目先のお金の為に後にある大きな利益を失う事になります。このリスクを考えればカジノ・プロバイダ側がイカサマをする理由はないと考えられます。

関連記事

カジノの還元率を知りたい 他のギャンブルと比べて勝てるの? 還元率の高いスロットを知りたい …という方 リコ 次の休みはどのギャンブルをしようか悩むなぁ…。そういえばカジノは他のギャンブ[…]

ベラジョンカジノと国営ギャンブルの還元率を比較してみた
ベラジョンカジノのライセンスと運営会社について解説
最新情報をチェックしよう!